課金してる入社2年目女の戯れ言

題名の通りである。

ちなみに自己紹介をすると、どこにでもいる入社2年目の事務職、性別女だ。リズムゲームが好きで、今ハマっているのはバンドやろうぜ!と言うリズムゲームアプリだ。基本的にはである調で話すのは苦手なのだが、今回に限ってはである調で語ろうと思う。特に意味はないのだが、自分の事を語るのにですます調もくすぐったい。


元々アプリゲームが好きな私は、高校生の頃からGREEのゲーム等で遊んできた。学生の頃の自分はまだ自制が効いていたため、ほぼ無課金、もしくは学生らしくお小遣いの範囲で小額課金をしていた。
大学4年になった頃、ハマっていたアイドルゲームでめちゃくちゃ好きなキャラクターが出来てしまった事もあった。とはいえ私の家庭は今時珍しくバイト禁止という家庭であり、祖母から貰ったお小遣いで多少課金していた程度だ。

何かが吹っ切れたのは、社会人になって1年目の去年からである。
私は苦手な業務を行う部署に配属されてしまった上、苦手な先輩と上司に囲まれ毎日非常にストレスを感じていた。そこから現実逃避をしてアイドルゲームへ逃げる事が多くなる。


そして8月に推し二人、AくんとBくんのセットが最高レアで限定ガチャに来た時、何かが吹っ切れてしまった。

その絵アドがとても高かった事もあるが、出るまで回してしまったのだ。Aくんの1枚目は割と容易に出たものの、当時私が好きだったゲームは所謂進化(例えばゲームによってはチェンジやら開花やら覚醒やら言うかと思う)で絵柄を変えるためには2枚目が必要で、その2枚目が中々出なかった。

躍起になった私は、その時初めて「出るまで回して」しまったのだ。その時はなんとかA君を2枚ゲットすることが出来たが、Bくんはとうとう1枚も来なかった。

 


ちょっと痛い目にあった私は、そこから暫く課金を控えていたものの、12月にここでまた事件が起こる。

 

Bくんの最高レアがまた来てしまったのだ。

その頃私は既にバンドやろうぜ!を並行してやっていたが、運悪くバンドやろうぜ!の方でも推しが限定ガチャで来てしまった時期だった。12月と言えば、クリスマス戦線で玩具会社は必至だが、ソシャゲ業界も必死なことがわかる。ボーナスが出た社会人狙いだろう。私もその類に漏れずボーナスを使って、Bくんのために限定ガチャを回し、バンドやろうぜ!の限定ガチャも回した。ちなみにほぼ同じ金額を突っ込んだが、Bくんはまたも1枚も出ず、一方のバンドやろうぜ!では推しキャラを5凸させる事に成功した。(バンドやろうぜ!は1枚あれば絵柄を変えることが出来るが、一応5枚まで集めるとステータスを上げることが出来る)。
表記上の確率では確かにバンドやろうぜ!の方が二倍は高いのだが、その件が引き金となって私はアイドルゲームを休止した。それから約8カ月が経った今も中々復帰出来ていない。


そして今年に入ってからバンドやろうぜ!を楽しくプレイしている私だが、こちらも順風満帆だったわけではない。


或る日突然、今まで最高レアだった物を上回るレア度を付けたカードを運営が限定ガチャに実装すると発表したのだ。全キャラ、ソロ曲付き、ホーム用の限定ボイス付きで、勿論界隈は若干荒れた。というかそもそもバンド物なのでボーカル以外が歌うのは解釈違いと言う声も多かった。ストーリー上で「軽い気持ちで専門外の事をするな(意訳)」とギターを始めたいと言うボーカルに対して説教をしたギタリストが歌うのもそれなんか違わないか!?と私は思った。

だが私の推しは元々とても大好きな声優だ。その声優が、これまた大好きな作詞作曲家が作る曲で歌うとなれば、回さない選択肢がない。私は勿論回す決断をした。


バンドやろうぜ!でもCくんとDくんEくんと言う推しが3人いたが、その内最推しのCくんが中々出なかった。絶対に出るまで回すと自分の中で誓っていたので、本当に出るまで回し続けた。その結果、一月で二桁程使っていた。Dくんに対してもその半分は使っていた。


二人とも大好きなので全く後悔はしていない。むしろ最後の一人であるEくんを出せなかった事の方を大いに悔やんでいる程だ。


廃課金から見れば私の課金など本当に微々たるものだが、それでも入社2年目でぺーぺーの事務職女からして見れば、結構な額を課金して来たと思う。実家暮らしだからどうにかなっているが、私にはゲーム以外の、オタクではない趣味もあるため、今はどう節約するか考えているし、そもそもストレスの原因である仕事を辞めて転職する事も視野に入れている。

 

まだまだバンドやろうぜ!が熱いからこれからも課金するつもりだが、流石にちょっと休みたい。預金残高が涼しい。言いたい事は以上だ。繰り返すが私は課金に対して反省はしていても後悔はしていない。むしろ回さなかった事で後悔した事の方が多い。周りの友人らは凄く真面目で、きちんと将来を見据えている。多分友人らがここを見たらきっと私の阿呆さ加減に呆れるに違いない。でも課金は辞められない。バンドやろうぜ。